痛みやしびれに要注意

首

保存療法と手術療法

頸椎とは脊髄を中におさめている骨のことです。頸椎と頸椎の間には、クッションの役割を果たしている椎間板という組織が存在しています。首はもともと運動の激しい部位でもあるため椎間板には無理な負担がかかりやすく、また加齢などによっても損なわれることがあります。こうして損傷を受けた椎間板が神経や脊髄を圧迫することが原因となり、頸椎椎間板ヘルニアの症状である痛みやしびれが生じます。頸椎椎間板ヘルニアになると手や肩に違和感やしびれ、痛みなどを感じますが、初期の場合には単なる動かしすぎとか、寝違えたせいだろうなどと誤解されることも多いのです。しかし頸椎椎間板ヘルニアでは単なる痛みやしびれだけでなく、運動障害や歩行困難、排尿障害などを起こすこともあるので気をつけなければなりません。病院へ行けばレントゲンやCTスキャン、MRI検査などによって頸椎椎間板ヘルニアであるかどうか判定することができます。頸椎椎間板ヘルニアの急性期では首を安静に保つ必要があるため、頸椎を保護するためのカラーと呼ばれる器具などが用いられます。ただし痛みが軽減するからといってあまり長期間にわたってカラーをつけたままにすると、かえって筋肉が衰えて悪影響をもたらすので医師や療法士の指導にきちんと従うことが大切です。カラーを使った治療や牽引治療、マッサージなどの保存療法で効果が見られない場合は、手術をすすめられることもあります。手術には全身麻酔を使うので手術中の痛みの心配はありません。圧迫を起こしている部分を取り除いたら、髄液を排出するための管や削った部分を補う人工骨・腰骨などを移植して手術が終了します。