施設

身体の回復方法を学ぶ

脳梗塞とは、何らかの原因により脳の血管が詰まる病気を言います。脳梗塞になると、運動機能や言語機能に障害が残ることがあります。理学療法士によるリハビリで、手足を動かす方法があります。諦めずに根気よくリハビリをする気持ちが大事です。

詳しく見る

首

痛みやしびれに要注意

脊髄を包んでいる頸椎の間の椎間板が損傷を受けると、圧迫によって痛みやしびれが生じる頸椎椎間板ヘルニアを引き起こします。肩や手の痛みなどは放置せずきちんと病院で検査してもらうことが、頸椎椎間板ヘルニアの早期治療のために重要です。

詳しく見る

和食

糖尿病は食事が大事

糖尿病の食事は、カロリー計算が重要です。バランスの良い栄養とカロリー、野菜中心の食事など気をつけて入れば生活することが可能です。糖尿病は合併症が怖い病気ですが、食事を気をつけて運動で代謝をあげるなどの工夫で生活できます。

詳しく見る

脳

脳梗塞の後遺症

脳梗塞になると手足に麻痺が残ることがあり、後遺症で悩んでいる方も多いです。しかしリハビリを受けることで機能回復も可能です。そしてリハビリを受けるなら、脳梗塞の治療に強い病院がおすすめです。短期間で質の良い治療が望めるでしょう。

詳しく見る

首

背中からくる全体の痛み

頸椎椎間板ヘルニアは頸椎で起こる椎間板ヘルニアのことです。症状は悪化すると全身に至ってしまうため、はやめの治療が大切です。またセルフケアやリハビリを通じて改善できる場合もありますが、悪化した場合には手術によって改善することができます。

詳しく見る

正しい食生活を知る

和食

摂取カロリーとバランス

病院で糖尿病と診断されれば、それ以降治療を行います。既に合併症を発症しているときには入院をするときもありますが、自覚症状がない状態ならそれほど深刻でないときもあります。この時には糖尿病の食事等を取り入れた治療が提案されます。糖尿病の食事と聞くと食事制限、カロリー制限のイメージがあるかもしれません。これまで楽しんできた食事ができなくなるのでがっかりする人もいるようですが、少し考え方を変える必要があります。糖尿病の中でも二型と呼ばれるタイプは、生活習慣の乱れが原因で起こります。つまりはこれまで間違った食事をしていたから発症したといっても過言ではありません。病院から提示される糖尿病の食事は制限をするためではありながら必ずしも食生活を縛るためのものではありません。まずはこれまでの食生活が誤っていることを認識し、自分にとって必要な摂取カロリーは何か、栄養素は何か、食べ方はどうすればいいかを知る必要があるでしょう。病院によっては、糖尿病の食事を含めた教育入院を実施しているところがあります。一定期間医療機関で入院をしながら正しい食生活を知り、食事方法などに慣れるのを目的に行われます。医師からメニューを渡されても急にそれらの食事に完全移行できない人もいるでしょうが、教育入院を通じてであればどんな食事をすればいいかがわかります。その都度病院の医師や管理栄養士から目的なども聞かされるので、自分でも適切な食事ができるようになります。